Vagrantfile

提供: langdev
移動: 案内検索

vagrantは、Vagrantfileに設定された通りのVMイメージを作ってくれるプログラムである。

Langdevでは、特定の言語処理系を含んだVMイメージを作るVagrantfileを配置する事で、その処理系を試すのを簡単にするのが狙いです。

インストール[編集]

  1. VirtualBoxをインストールする。
  2. Vagrant本体をインストールする。

Vagrantfileの使い方[編集]

  1. 空のディレクトリを作る
  2. Vagrantfileを設置
    • Vagrantfileという名前で、各ページにあるスクリプトを配置する
  3. vagrant up コマンドを実行
    • これでVMが作られ、起動する。数分かかる。
  4. vagrant ssh コマンドを実行
    • 作られたVMにsshでログインされる。
  5. VM上の開発環境を使う。
  6. SSHからログアウトし、vagrant destroy コマンドでVMを終了、削除する。

例:

$ mkdir gccvm
$ cd gccvm
$ cat > Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "precise64"
  config.vm.box_url = "http://files.vagrantup.com/precise64.box"
  config.vm.provision :shell, :inline => <<-EOS

aptitude update -y
aptitude install -y build-essential

  EOS
end
^D
$ vagrant up
 [ VMが作られ、GCCがインストールされる。 ]
$ vagrant ssh
Welcome to Ubuntu 12.04 LTS (GNU/Linux 3.2.0-23-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
Welcome to your Vagrant-built virtual machine.
Last login: Fri Sep 14 06:23:18 2012 from 10.0.2.2
vagrant@precise64:~$ cat > hello.c
#include <stdio.h>  
int main() { printf("Hello,world!\n"); }
^D
vagrant@precise64:~$ gcc hello.c
vagrant@precise64:~$ ./a.out
Hello,world!
vagrant@precise64:~$ ^D
 [ SSHからログアウト ]
$ vagrant destroy
Are you sure you want to destroy the 'default' VM? [y/N] y
[default] Forcing shutdown of VM...
[default] Destroying VM and associated drives...
$